いいお店さんとは?

地方で仕事をしているバッグの修理の職人さんがいます。

修理専門の工房をオープンしてます。


その職人さんから「いいお店さんあるよ」とメッセージがきました。

いいお店さんって?

売れる店?

品揃えがいいとか?

お店がきれいとか?

話を聞いていると“修理をきちんとした形で送ってくるお店”のことのようです。

“なるほど~”修理職人さんの視点はそこなんですね。

預かった修理をひとつひとつ丁寧に扱っているということ。

(なかには段ボールでごっちゃごちゃで送ってくるところもあるそうな💦)

それはお客様を大事にしているということでもあり、そういうお店さんは職人さんへも丁寧な依頼をしてくるという。

職人さんを大事にしているということ。

お店さん、問屋さんによって修理の扱いがかなり違うそうです。

職人さん自身の優先順位も自ずと変わってくると言ってました。

そりゃそうですよね。

そういう意味での「いいお店さん」。

これはかなり確実性が高いかも!と思いました。

n.number

革のバッグと小物のブランドです。革も縫製もメイドインジャパンで少しづつ大切に作っています。 素材の持っている本質を理解しカタチにすることで、それぞれの個性が生きてくると考えています。「本質はシンプルで美しい」をブランドポリシーとして邁進しています。