インテリアライフスタイル展

昨年から気になり続けているインテリアライフスタイル展。

今回も見に行きました。

入り口のAtriumは“伝えたくなるデザイン”、撮影、投稿OKのブースです。

OTTAIPNUを始めとし、素敵なブランドが並んでました!

今回、とても気になったのが“PROOFS OF GUILD”!

もともとジュエリーから立ち上がったブランド。

その繊細で優雅な個性が磁器製品やバッグにまで及んでいて、すべてに統一感があって素敵でした。

二人の男性デザイナー。

内、ひとりの中尾さんと少しお話しできましたが、物腰穏やかなイケメンです。
丁寧にお話してくださいました。

これからどんなものが生まれてくるのか楽しみです。

どこかで金具の別注お願いできたらいいな~と夢を見ています。

あと、「やっぱりわたしはシンプルなものが好きなんだな~」と感じることができたのは“LAPUTAN KANKURIT”のブースに浸ってしまったこと。

出たくなくなります。

ウールも麻も優しい手触りと色合い。

自分で扱いたいと思ってしまうほどでした。

方向性の確認するためにもこの“すき”は大事です。

中のブースでいつも確認するところは“NEXT”です。

起業間もない会社が出展できるブース。

私の“帽子似合わない”思い込みを取り外してくれた“mature ha”が出ていました!

帽子が飾ってなかったので見過ごすところでしたが、あのしっかりしたシンプルな紙箱をいくつか積み上げているだけ。
一番上の箱の蓋だけ開いてます。

もちろん社長たちは被ってますけれどねw

“帽子をあたりまえにかぶってほしい、楽しんでほしい”というコンセプト。

気取らないし、柔らかいものが多いのでバッグのなかにポンといれて出掛けられちゃうのがいい!

コンセプトと商品がマッチしていると欲しくなりますね。

何よりも新しい自分に気が付かせてくれること、ワクワク気分が上がることが嬉しい!

本来のファッションアイテムの役割。

今回もNEXTブースは盛りだくさん。

ここに出展を夢見て邁進します✨




n.number

革のバッグと小物のブランドです。革も縫製もメイドインジャパンで少しづつ大切に作っています。 素材の持っている本質を理解しカタチにすることで、それぞれの個性が生きてくると考えています。「本質はシンプルで美しい」をブランドポリシーとして邁進しています。