無理矢理は無理

仕事の仕方って本当に人それぞれだと思います。

もちろんそれでいいのだとも思います。

ただ、最近よく“言葉が通じない人とは長く仕事ができないだろうな”と思います。

言葉が通じないという意味は外国語とかではなくて、言葉の中にある“気持ち”の部分や前後を踏まえた状況判断、そして、少し先の目指しているところなどを含めての“今を感じとることができない人”という意味です。

“いま”話している言葉には、単純に“いま”のことだけを話していることの方が少ないからです。

会社員時代は社員同士ですでにその違いはありました…、が “上手くやる”ことを基軸にし、疲れはてることが多かったように思います。

この場合、“気にしない”人の方が断然有利です。

そして個人で動き出す今、無理に“通じない人”とは仕事をしなくてもよいと思っています。

通じない人とは本当に通じないものですw

ヤキモキするだけエネルギーを燃焼してしまうので疲れはてて終わってしまいます。

しかし、それはそれとしてよしとすることにしています。

“自分が納得するまでは追う”はしなくなりました。

諦めることもとても大事だと思っています。

その人を変えようとすることなく、そのまま受け入れることにもなります。

受けて流します。

無理して一緒にいなくても良いのですから。



n.number

革のバッグと小物のブランドです。革も縫製もメイドインジャパンで少しづつ大切に作っています。 素材の持っている本質を理解しカタチにすることで、それぞれの個性が生きてくると考えています。「本質はシンプルで美しい」をブランドポリシーとして邁進しています。