よっしゃ!の、お財布サンプル

今日、“みえてきた!”感ありのお財布サンプルが出来上がりました。

やっとすこし安心しました。

いやー、今回お世話になっているメーカーさんは何度もトライするのが普通なので驚いています。

小物とバッグ、両方手掛けてくれているのですよ。(一般的には小物とバッグは別々なんです。)

今回、私のスタート企画は結構大変でして、小物のファーストサンプル見たとき、正直悩みました。

今までの小物のメーカーさんに頼んだ方が纏めが上手いかも?と思ってりして。

しかし、今日の上がりを見て、逆に小物専門のメーカーさんが嫌がる仕事満載だなと改めて感じました。

切れ目仕立てでボロ隠しできないし、内側にはシルクプリントが施してあるし、カード段は革だけで重なって厚み出やすく縫いにくくなるし、合皮使ってないし…などなど。

まったく手が抜けない。

この「手が抜けない」に対してさらに「絶対手を抜かない」で対抗してくるには気質しかないてすね。

それこそが、“メーカーの特色”が出るところです。

実は、途中、その気質に“ちょっと大変かもな…?”と思ったこともありました。

一番はじめの企画なのに、私、こだわりすぎてないかな?

もっとスムーズに行くように簡単な素材に変えて、作りも簡単にした方がメーカーさんも悩まなくて良いかも?とか。

しかし、メーカーさんにとってはこのくらいのことは普通のことでした。

パリコレのサンプルを手掛けているのですよ。誰もが知る有名デザイナーです。

私からしたら学生時代からの憧れのひとですよー。

一斉風靡しましたもの!
今もなお活躍中ですしねー。

先日も、これからパリコレで発表するサンプルを見せてもらいました。

普通じゃ作れません。

単に奇抜とかではなくて、技が仕込まれている感覚。

品物が「かっこいい!」ですw

しかし、それまでには何度も何度も確認と修正の繰り返しです。

本物を求める人たちに向けて、世界中の人達が観る見本になるわけですから。


私の小物のサンプルたちも、その過程あって、私自身も初めての“納得”です。
(私も負けず劣らずなんですよねw💧)

生産時には更に修正かけますがw、ここまで来たら大丈夫だろうとホッとしつつ、最後の形の3回目のサンプルに入ります。

また、今月末は生産用の革もあがってきます!

こちらもうまく上がりますように❗❗

生産スタートも間近です❗




インスタグラムも見てね🎵

n.number

革のバッグと小物のブランドです。革も縫製もメイドインジャパンで少しづつ大切に作っています。 素材の持っている本質を理解しカタチにすることで、それぞれの個性が生きてくると考えています。「本質はシンプルで美しい」をブランドポリシーとして邁進しています。