怪しい雲行き

小物用の革が怪しい。

昨日上がってきたけれどやり直し…。

1色は良くできてきたけれど、後の2色は…ムリっ!

連絡したら「一応送ってみました」と…。

メモも、メールも何もないから届いた袋を開けて、佇んで暫く悩んだ。

悩んだあとで、写真とってメールして…。

さらに、あえて時間とってから電話した。

どんな心持ちで送ってきたのか?が知りたかったのですよー。

監修してるのか。してないのか?

見て送ったのか?見てないのか?とか。

結果、わかっていたけれど、一応見てもらおうと思った…とな。

心臓に悪いですよ!

メモでもいいから入れてくれればいいのにー!

どちらにしても見ておくことは必要ですけれども。

それを確認して範囲を擦り合わせます。

革は自然のものなので部位によっても違うし、さらにはひとりひとり違います。

同じ加工をしても変わります。

これは仕方がないことなのです。

その中で、許容範囲を決めるために、感覚
を必ず擦り合わせます。

ルール決めみたいなものです。

そのために今回「わかっていたけれど試しに」送ったと理解しました。

ふぅー…。

今回の仕上げは許容範囲外とお伝えし、再度トライすることをお願いしました。


雲から晴れ間が顔出しますように…。



n.number

革のバッグと小物のブランドです。革も縫製もメイドインジャパンで少しづつ大切に作っています。 素材の持っている本質を理解しカタチにすることで、それぞれの個性が生きてくると考えています。「本質はシンプルで美しい」をブランドポリシーとして邁進しています。