エルメスで映画

先日、銀座エルメスで映画を観てきました~。
「たそがれの女心」
監督マックス・オフュルス

ちょっぴりエレガントな感覚が欲しくて、(もの作りに少しほしかった感性)この映画の上映があると知って即申し込みました。

社交界を舞台にしてうっとりとする優雅な立ち振舞いの貴婦人(ダニエル・ダリューの美しいこと)のジュエリーが男女間の災いを引き起こすというストーリー。なんとも雰囲気に酔いしれる。ジュエリーやドレスはもちろん素敵なんだけど、俳優たちの「身のこなし」が、素晴らしくエレガント。やっぱり、美しさって飾れるものではなく、その人から出てくるものなんだわねーって思いました。
気持ちの表現のしかたもエレガントで、“人を好きになるってこういうことよね”と、心潤わせて頂きました。

これが、エルメスで観れる、ということが大事なのです~✨

わかるかなー(笑)

本当に行ってよかった~。

表に出ると、銀座は歩行者天国で、どうやら浴衣のイベントらしく、野点のセッティングをしていて、浴衣の人達が沢山集まってきていました。

こんなイベントも良いわねーって横目で見ながら駅に向かいました。

四季があるっていいなー。


エレガントエッセンス、沢山詰めて帰ってきました♪
さて、どんな形で表現されることでしょう✨自分でも楽しみです❤



n.number

革のバッグと小物のブランドです。革も縫製もメイドインジャパンで少しづつ大切に作っています。 素材の持っている本質を理解しカタチにすることで、それぞれの個性が生きてくると考えています。「本質はシンプルで美しい」をブランドポリシーとして邁進しています。