あなたの好きなもの?

日曜日の今日は、少しくつろぎモードで日記を書こうと思います。

ここのところサンプル作成に向けて走ってきています。

そろそろ生産仕様のサンプルも上がり間近。
上がるまでわからないし、上がってから更に、生産アップまで、この革、このかたち、この加工は初めてのことなので、まだまだどこで何が起こるかわかりません。

メーカーさんもかなり神経使ってくれているのがわかりますし、私も自分の企画に安心はしていません。

そんな感じの日々のなか、メーカーさんから「三上さんの好きそうなお店があるよ。お昼のあとちょっと見てみる?これからのイメージの参考にもなるんじゃないかなー」と。

ふぅーん。…とわたし。

その時、昔お世話になった例の革屋さんも来ていて皆で一緒に行ってみることにしました。

清澄白河のカフェでランチしたあと、向かった場所は、やはり清澄白河にあるヨーガンレールの本社で、私に“おすすめ”してくれたのはその1階にある「ババグーリ」でした。

実は一度調べていたことがあって、行ってみたいな~と思いつつ、バタバタになって頭からすっかり抜けちゃっていたのです。

「ババグーリ」と知り、“ああ~ぁ!!”となりました。

そうですよ!好きですよ!
半信半疑でごめなさい!

週のうち半分は顔を付き合わせている為か?お互いの性格や感性を理解し始めている?…。

きっとそうなんでしょうねー。

しかも、前日、奥さまと二人で散歩途中にお店に入って見たということで、その日は車のなかで待機しててくれて、私と、もと革屋さんで店内をゆっくり見て回りました。

洋服・靴はもちろんのこと、織物、陶器、雑貨、お菓子までイメージが一貫してて…。

本当に素敵なお店で、とても心地よくなり“こんなスタイルの生活が出来るようなりたいなー”と気分よくお店を出ました。

もと革屋さんは、切り株から削り出して作った椅子を熱心に見ていました。
削り出しの椅子もベッドもとても素敵。

次回は清澄白河をゆっくり散歩しながらショップ立ち寄ろうと思っています。

実はメーカーさんもヨーガンレールさんとババグーリが大好きみたいで、社員食堂の本まで買ってました(笑)
(本社の社員食堂では素材にこだわり、社員の体を考えた食事を丁寧に作って提供しているとのこと。お肉やお魚は一切使ってないそうです。)

ちょっとずつ、感覚的なものが理解から共感にシフトしていく感じ。

ただ、それはお互いにとどまることはないので永遠にこれの繰り返しなのでしょう。

だからこそ新しい発見を投げたり投げ返したりキャッチボール出来るわけで…。

キャッチボールが出来る相手に出会えて、まずは良かったなーと思える出来事でした。


n.number

革のバッグと小物のブランドです。革も縫製もメイドインジャパンで少しづつ大切に作っています。 素材の持っている本質を理解しカタチにすることで、それぞれの個性が生きてくると考えています。「本質はシンプルで美しい」をブランドポリシーとして邁進しています。