小物も作りたいのですけれど…ね。

昨日は小物の打ち合わせに行ってきました。

先日、バッグの本番サンプルの打ち合わせの際、出来れば小物も同時に作ってみたいと、ダメもとで相談してみたのです。

当初は時間差で作ろうと考えていたのですが、頭の中でイメージがどんどん膨らんできてしまい、“早く会いたい!”という気持ちが強くなりました。

案の定、「それは無理だよー。後でいいっていってたじゃな~い?」とメーカーさん。

そりゃそうです。後でいいと言いましたものね、わたし。(>.<)

ちょうどその時メーカーさんの携帯に電話がかかってきました。
ちょっと出るねとメーカーさん。

「あー、どうもどうも、うんうん。そうですね。お願いします。あ、ところで、急なんだけど、これからお財布のサンプル頼んだらできるかな~?」と…。

ありゃ、小物の職人さんだ!あれあれ。すごいタイミングです。

なんだか、電話の向こうのお返事が“よい感じ”です。

電話を切ったあと「やるってよ」のお言葉❗ワァ!ありがとうございます\(^o^)/
なんとも本当にタイミングよく引き受けて頂きました。

そんなこんなで2日後の昨日、仕様書を書き上げて、再度お伺いしたわけなのです。

n.number

革のバッグと小物のブランドです。革も縫製もメイドインジャパンで少しづつ大切に作っています。 素材の持っている本質を理解しカタチにすることで、それぞれの個性が生きてくると考えています。「本質はシンプルで美しい」をブランドポリシーとして邁進しています。