版の完成!

版が出来ました!

と連絡を頂いたので確認と、プリントに使うカラーの依頼に行ってきました。

工場はあい変わらずの少ない人数で、プリント待ちの山積みの素材たちに囲まれ、ひとつひとつ丁寧に作業を進めています。

そんな中、完成した版を見せてもらうことができました。

一言で感想を述べると“額装した絵”のようです。シルクの色がそう魅せるのか?とても美しいと思いました。

これだけ大判のスクリーン、さらにはワンポイントではなくほぼ全体に柄が入るというパターン。

刷る人の技術も必要になってくるという…。

工場の2代目の若社長は渡したカラーチップを見ながらニコニコして「色出ししておきますね!」と言ってくれました。
(一色じゃなく数色試したくて渡してきた私って…鬼?かしらと少し思ったりもしました…💧)

とっ、とにかく楽しみにしています💦

n.number

革のバッグと小物のブランドです。革も縫製もメイドインジャパンで少しづつ大切に作っています。 素材の持っている本質を理解しカタチにすることで、それぞれの個性が生きてくると考えています。「本質はシンプルで美しい」をブランドポリシーとして邁進しています。