プリントの柄と柄の意味

シルクプリントは全面染めとは違って、ところどころ隙間として残こせるので本来の革らしさを残しつつ、地傷(自然の擦り傷)があった場合も隠せる可能性が出てきそうです。

柄はヘリンボーンのモチーフをベースに、
いくつかパターンを考えてみましたが、結果、きれいに並ぶタテ柄に時折ヨコ柄を入れ込むことでオリジナリティーを持たせてみました。

ヨコに置いた柄は大地と見立て、その大地から上に伸びている柄を世に出てきた“ある”を表現し、大地の下にまで伸びて来ている柄を、水面下の“じつは既にある”を表現しています。

小さな丸は希望の粒です。

これが割れて飛び出すと可能性が増えていくというイメージ。
(ヘリンボーンのような日常の規則性のなかに突然飛び出す変化の可能性という感じかな?自分勝手なイメージですが…💦)

この柄をシルクプリントすることで内側のソフトタッチの感触を残しつつ視覚でも楽しんでもらえるのでは?と思い、版作りを進めているところです。

n.number

革のバッグと小物のブランドです。革も縫製もメイドインジャパンで少しづつ大切に作っています。 素材の持っている本質を理解しカタチにすることで、それぞれの個性が生きてくると考えています。「本質はシンプルで美しい」をブランドポリシーとして邁進しています。