鈴木マサルさんのトークイベントへ

昨日は青山ブックセンターへ。
テキスタイルデザイナー鈴木マサルさんの「鈴木マサルのテキスタイル」刊行記念トークイベントでした。

こんにちは、みかみなおみです。

昨日は友達のめぐと一緒に行ったのですが、鈴木マサルさんはめぐの学生時代からのお友達。

時折、めぐが学生時代の鈴木さんのことを語るので、いつのまにか興味津々になっているところにトークイベントの情報。

すぐ、めぐに声かけてチケット取りましたw

いやー、行ってよかったです。

やっぱり、素敵な人ですよ~。鈴木さん!

トークがめちゃ面白い!
話すことがお仕事じゃないのに、話がわかりやすくてユニークで、ちょっと驚いたのは全くカッコつけなくて、過去の失敗談や事業のリアルな話なども、しっかり入っててw

ご本人がおっしゃっておりましたが、全く売れない時代、営業も当たり前にやっていいて、しかも自分がデザインしてるとか、いちいち伝えてないから、売れてきてからその頃の営業先に「あのときの生地も鈴木さんのデザインだったんですね」となったそうな。いまになって知られる事実。

無我夢中で、仕事している様子が目に浮かびます。

この仕事はカッコ良くは無いんです。
プロダクトデザインなど、かっこいいデザインの仕事ってあるけど、僕たちがやっているテキスタイルデザインの仕事はカッコ良くない。人に寄り添う仕事だから、なんかかわいいとか、楽しいとか…。

という、コメントもなさってました。

ここまで認知度が上がった今も、自らでイベント企画して販売に繋げています。
(過去、百貨店の売り場を見てがっかりしたこともあるそうで…)

売れると思ってたものが売れなかったりすることも沢山あるのだとか!

その経験が、さらにマーケティングすることで磨かれていく感じ。

マーケティング能力も備わっちゃうんだな~。

自分がやりたいものと、マーケティングがきちんと合わさると今の鈴木さんのようになるんだな~と思いました。

“テキスタイルデザイナーだけじゃないところまでやる”とおっしゃっていましたが、枠を越えることで見えてくることがあるんだなと…。

無名の図案時代からこの本が出るまで、面白おかしくも、内容の濃いお話を聞くことができました。(まだまだ話足りなそうでしたがw)

ご飯を食べるために目の前のことを懸命にやりながらも、自分のやりたいことは?と考えること。

そのうちにチャンスのタイミングが見えてくる。

それを掴んでやってみる。

決断のタイミング。

結果マイナスでも、やりきることで何かが変わってくる。

その何かは、結構みんな見てくれているもの。

真剣にやっていると伝わるものだなー。

ほんと、いい話満載のトークイベントでした。

ありがとうございました♪




発売になった本「鈴木マサルのテキスタイル」♪
青山ブックセンター会場には鈴木さんのテキスタイルが!雰囲気がガラリと変わる~♪
鈴木さんと記念に撮ってもらいました。
めちゃ素敵な人です~♪

n.number

革のバッグと小物のブランドです。革も縫製もメイドインジャパンで少しづつ大切に作っています。 素材の持っている本質を理解しカタチにすることで、それぞれの個性が生きてくると考えています。「本質はシンプルで美しい」をブランドポリシーとして邁進しています。