あたふたの日々です~

私にとって、この度の『自分の作りたいものを作る』作業は簡単じゃなくて、素材の方向性や、ちょっぴりの工夫など、拘りと妥協の境がむずかしく、また、自分自身と向き合い、学びのある立ち上げ準備期間でした。今は“これでよかったんだ”と思えています。

私が長年やって来たことと、このブランド立ち上げまでの経験とが少し生かせるのかな?なんて思いながら、人様のブランド立ち上げのお手伝いをし始めました。

こんにちは、みかみなおみ です♪

(ひらがなで書くと“み”が3つもあるのですよ。漢字にすると三上直美で、めちゃカクカクなのですね。ま、そんなことはどーでもいいですね。)

先日は2回目の打ち合わせで、テーブルに皆が集まり“はい!スタート”と思ったら、「急なサンプルが入りまして。この形を少し変更して大至急サンプルなのです!」とな。

(あとで聞いたらこんなことは時々しょっちゅうあるらしく💦メーカーさんならではのよくある待ったなし状態。)

はぁー?えーと。じゃあ、これから先にやりましょうか?この2型ですね。

ということで、細部変更して、デザイン書き直して、簡単な仕様書にして職人さんにお渡ししました。

その合間合間に、いろんな話も飛び交い、どんどん時間が過ぎ、気がつくと3時間経ってます💦

ん?私の本来の目的の打ち合わせは???

結局、そのあとの数分で図面とデザインを簡単すぎるくらい簡単に説明して終わりました。(どうせ次回に細かくやることになるんですけどね(泣))

なぜならばオーナーが「お鮨好きですか?」なんて聞くもんだから、そりゃー「好きです!」って答えますよね。

「好きです!」て答えたあとの周囲の雰囲気って変わるじゃないですか。空気が変わるって言うか、食事モードに切り替わっちゃう。(一番切り替わりが早いのは私ですけどねw)

なので、さっさと渡して、みんなでお鮨食べに行っちゃった。(回るお鮨ですけどね🎵)

あ、でも頭の中は真面目に考えているのですよ。デザイン画を出しながら(かなりの型数描き出してますもの)方向性を模索してます。オーナーや、コントロールのために外部から入ってきた方の話を聞きながら、今まで会社がやってきたこと、ブランド立ち上げてやっていきたいこと。ブランドコンセプトの深堀などなど。

いやー、人のブランドって自分のより大変だよねー。(ここ強く言いたいところ)

という感想です。(早くも…💧)

とくに扱う素材がラグジュアリーレザーときているので譲れないところが出てくるのですよ。そう、価格帯。いくら頑張っても一定のところ以上になるので、自ずと商品の見え方を“きちん”とさせなければならない。その中に差別化をどのようにしていくのか?

もう、ラグジュアリーレザーに関わることはないと思っていましたが、今、関わりはじめているので、新しいエッセンスを入れることができたらいいな~と思っているところです。

『なんだ、意外とラグジュアリーレザーも素敵じゃない?使ってみてもいいかな』なんて思ってもらえるきっかけが作れたら、ファッションを楽しむためのアイテムに加えてもらえるかしら?という思いで何度も何度も描き起こしては描き直すという作業をしております。(昔の安心商品のイメージがヒョッコリ顔を出すので…w 嫌ですねー。)

任されるということは光栄でもあり、責任重大でもあり、あたふたしているここ数週間です。

まだまだ、あたふたは続きます。


あたふた、あたふた💦

さっき虹が出てたのに~(>_<)
チャンス逃した~⤵

n.number

革のバッグと小物のブランドです。革も縫製もメイドインジャパンで少しづつ大切に作っています。 素材の持っている本質を理解しカタチにすることで、それぞれの個性が生きてくると考えています。「本質はシンプルで美しい」をブランドポリシーとして邁進しています。