好きなことを仕事にしてる人

先日、カメラマンの鈴木康史さんの初の個展へ。私のホームページのカバー写真やウェブショップ用のバッグの撮影をしてくださった方で、そのお人柄は、いつも穏やかで優しく、撮影も丁寧に行ってくださいます。

会場には、作品も性格が出るのか?と思うくらいに、とても優しい作品たちが並んでいました。

今回の写真展は温室の中の光を追ったもの。4年の歳月をかけて撮りためたものです。四季によって変わるし、木々や葉っぱたちも変化する。毎週のように各地の温室を訪れて撮影しながらも変化を楽しんでいたようです。

例えば、1枚の葉を追い続けて撮っていると40枚にもなってしまっていて、光の変化も葉の変化も面白く撮れているけれど、それらを全て展示してしまったら壁面がそれだけで埋まっちゃうそうです。

「ぼくは面白いと思うけど観に来た人はつまらないよね。でも会場によってはその展示もやってみたいな~と思ってる」と楽しそうに話していました。

なんだか、ひとつのものを追った写真たちも魅力的なんじゃないかと想像してしまいました。私も観てみたいなーと。

バッグの撮影のときも、とても楽しそうに撮っているのが印象的だった鈴木康史さん。

その人の弾んだ心は、人を惹き付けるものだと改めて感じましたし、魅力は作品に見事に反映するものだと知りました。

今回、たまたま応募したら受かっちゃったと言っていたけれど、これをきっかけに“もっと鈴木康史さんの写真を見たい!”というひとが増えるのではないかと思います。

私もそのひとりです。

これからも楽しみにしています✨

8月15日まで新宿ニコンサロンで開催していますので、(誰でも無料で観ることできます)是非駆け込んでみてください❗




鈴木康史さんです🎵
以下の写真も鈴木康史さんが撮影をしてくれたものです♪    
photo LIFE.14 鈴木康史
photo LIFE.14 鈴木康史
photo LIFE.14 鈴木康史
photo LIFE.14 鈴木康史

n.number

革のバッグと小物のブランドです。革も縫製もメイドインジャパンで少しづつ大切に作っています。 素材の持っている本質を理解しカタチにすることで、それぞれの個性が生きてくると考えています。「本質はシンプルで美しい」をブランドポリシーとして邁進しています。